《D=ディスティニーナンバー》の概要とD:4の実例解説【潜在数秘術®︎】

今回は、潜在数秘術®︎で使っているD(ディスティニーナンバー)の機能に関する記事です。

潜在数秘術®︎では、講座以外で詳細にお伝えすることができないので、『しっかり学びたい!』という方は、自宅で学べる《潜在数秘術®︎初級動画セミナー》のご受講をオススメいたします。

したがってこの記事では、D(ディスティニーナンバー)の概要として、担当分野とスペックについて解説し、さらに私・オネコフの個人的な見解も交えてご紹介していきます。

良ければお付き合いください。

- もくじ -

01| D=ディスティニーナンバーの概要

使命や運命、その人の与えられた役割を示すナンバー。

氏名から導きだすことで、それは指名された運命であるとも言えるでしょう。LPの性質を生かして、どんなことをするのか?がこのナンバーに現れます。

【潜在数秘術®︎的ディスティニーナンバーとは?】

  • その人の行動の矛先、才能が向かう先
  • 別に求めてもいないのにやってくる衝動、無意識の行動パターン
  • 自覚できないけれどその道に引っ張られるような感覚
  • 魂の欲求(ソウルナンバー)と潜在的な才能(ライフパスナンバー)を繋ぐ方向性

-公式ブログより引用

Dの担当分野

Dは一言でいうと【身体】の領域を担当しています。

衝動性行動パターン無意識のクセなどの行為を、Dに入った数字によって読み解きます。

数字ごとに目的に向かうエネルギーの種類や、活かせる術が異なるという風なイメージをもってもらえればわかりやすいかと思います^^

Dのスペック

潜在数秘術®︎での学びを深めていくと、Dの中でも発揮する段階(レベル)が上がったり下がったりするという考え方がありまして、ほんの少しだけご紹介すると

  • めっちゃイイ感じで活かせると…
    目的のために自分のエネルギーを使うことが出来て、意図した方向へコントロールできます。
  • イマイチ・残念な感じだと…
    行為が散漫になり、望んでいる物理的・物質的な結果が得られにくくなってしまいます。

などという変化の過程が学べます。

02| D:4に対する個人的な見解

ザックリ言うと“やり方”担当です。

手段・方法・ルート・ツール・スキルのように、身体を使って表現(行動)することで人生を創って行く具体的な特性を示してくれます。

この役割は、求めるゴールに対して『どういう方法でたどり着くか?』『どの手段で進むのか』がわかります。
これは他者のナンバーと比較すると全然違って面白いのですが、楽しくする・人と一緒にやるって手段をとる人もいます。
もし“旅行”で例えるなら、他のナンバーで「旅行先」を決めて、そこに行くまでの「道のり」の種類をDが表してくれるといったイメージです。

LPに比べるとDは自覚しにくいので、数秘術で初めて数字を知った方は「振り返ってみたら思い当たるフシがあるなぁ〜」というレベルかもしれません。

また、頭の中で起こるLPと違って“身体を使った表現”のDなので、現実世界で目に見える状態にあるともいえます。
なので、身近な人に確認してみると意外に「そういうとこあるよ〜」という証言がもらえる場合もあります。

LPとDがわかりづらいという方は潜在数秘術®︎公式ブログの《わたし達は全員カオス!?自分のどうぶつを読む方法》でLPの数字を持った【頭】、Dの数字を持った【身体】の一体のどうぶつだと例えると、か・な・り理解しやすくなるので読んでみてください^^

D:4のケーススタディ

ここからは、潜在数秘術®︎の鑑定ってどんな精度なの?ということを私・オネコフの数秘と併せてご紹介していきます。

参考までにアプリのD:4の鑑定文を載せておきます。ご自身のディスティニーナンバーを知りたい方は、是非ぜひ無料の潜在数秘術®︎公式アプリをダウンロードしてみてください!

あなたの数字と比べて楽しんでくださいね^^

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

客観的で冷静な現実を重要視する役目です。また、状況をリアルに判断し、空想に逃げることがないのでとっても物質世界での安定感を創り出す使命です。その分、曖昧なことや不安定なものや、現実味のないことが嫌いで、そのような空想に入ろうとするといきなり現実に戻されるような現状が引き寄ったりします。管理能力があり、組織を創り上げ、サポートをする運命。自分が前に立つよりも、ぐいぐい前に行く人々の横や後ろに立って、見えない部分の修正や補いをすることに向いているタイプです。

また現実的な感覚も強いけれど、人の感情にも敏感でそれを冷静に感じるので、共依存的にならない程度の距離感を保ちつつアドバイスしたり、サポートしたりすることが出来るでしょう。何かを具体的に計画し、システム化すること、企画などの現実的な具現化に必要な手段、方法や骨組みの部分を考えるような使命です。ゆえに、周りには想像力と発信力はあるけど、やや落ち着きがなく不安定なクリエイタータイプが現れやすいでしょう。

一人で仕事するよりもチームの中を平等に整え、現実的に進行していくための具体的なまとめ役としての運命を歩むはず。硬く守りに入り過ぎないように、他人の意見を聞くのがポイントです。また、自分ではなく他の誰かを先頭に立たせ、歩みをサポートし計画してあげる方が能力を発揮することができます。

(潜在数秘術公式アプリから引用)

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

《アプリの鑑定文からオネコフのD4的特徴》

  • 客観的で冷静、状況をリアルに判断する
  • 曖昧なことや不安定なもの、現実味のないことが嫌い
    (特に再現性のないことには興味すら示さない)
  • 何かを具体的に計画しシステム化すること、方法や骨組みの部分を考える
    (けど組み立てて考えるのが好きなので実行されなくても可)
  • 現実的な感覚も強いけれど、人の感情にも敏感でそれを冷静に感じるので、共依存的にならない程度の距離感を保ちつつアドバイスしたり、サポートしたりすることが出来る
  • チームの中を平等に整え、現実的に進行していくための具体的なまとめ役

あとアプリの鑑定文ではなく、公式ブログの【4】の記事で強烈に頷いた項目

  • 箱の中に入っていて、箱ごと進むので遅い
    (関係ないと思うけど私の太陽星座は蟹座で月星座は蠍座、両方甲羅系w)
  • 物事を客観的に見て切り分けて考えられる
    (分解して小さくすれば対して問題じゃないと思うタイプ)
  • 人との心理的な距離や物理的距離をサクッと計算する
    (基本的に四則演算で考える、時に図形や因数分解も使う)
  • 独自の視点で測定したポイントを正確に伝える
    (私の場合は例え話多め)
  • 的確にアドバイスすることが優しさだと思ってる
  • マイペースで急かされるのは苦手
  • 不測の事態に弱い
    (氣持ちはありがたいけど、サプライズとかされるの超嫌いw)
  • 慌ててもあまり表に出ない
  • 自分の中の時間感覚や距離感で他人を認識・理解する

これらは表現としてLP寄りな部分も含んでいますが、該当するところが多いので載せておきます。

続きまして、数字の特徴かつオネコフの性質に当てはまる事柄を挙げますが、これはニュアンスによってD4全員に該当するわけではないので、軽めにお楽しみください。

《その他独学で得た情報》

  • 何事も基礎・基盤・土台ありき
  • 忍耐力や我慢強さがある
  • 頑固で融通がきかない
  • 時々謎の「天然」行動をとる
  • 自分だけのオリジナルルールを忠実に守る
  • シンプルにきっちり整ってる状態が好き
  • 論理的思考で根拠がないとダメで話も整理して頭に入れたい
  • 羽目を外さない
  • 普段穏やかだが、怒らせたら修復不可能
  • 計画を立てる手間を惜しまない

《表現としてあまり当てはまらないかな?と思う部分》

  • 縁の下の力持ち
  • 保守的
  • 倹約家

もちろん分解して考えれば、そこまで大きく外れているわけではなく、

縁の下の力持ち盤石な基礎を築く
保守的徹底的に基本を遵守
倹約家あらゆる無駄を間引く

という表現なら私にピッタリだな〜と感じます。

皆様も是非ご自分の数字に合う表現を見つけて、活用の質を上げてみてください^^

Dについてオネコフの考察

最後にDについての見極め方や特徴をまとめますので、良ければご参考になさってください。

やはりLPに比べると自覚しづらいのですが、

  • 少々疲れていても出来る
  • (他の手段もあるのに)やりたくなる
  • つい無意識に出る行動パターン
  • 発揮すると人に喜ばれる

などの見極め方があります。

また、当たり前のように最初から備わってるLPに対して

  • 下手でもやりたい(最初は出来ないことのが多い)
  • 出来るように努力したくなる
  • 得意だと自覚する要素が含まれる

というニュアンスも含まれています。

このナンバーからわかることは、
好きじゃなくても何故か得意だったり、上達するのが早かったりするので、他の手段に比べて比較的楽に・長時間行動でき・疲れにくいスキルということです。

『使命なんてそんな大それたことがわかるのかよ?』と疑ってしまう方もいらっしゃると思いますが(笑)、私が思うに

一般的に成功する概念としてたくさんの行動が必要
 ↓
行動が得意で上手くなりやすく大量の時間を費やせる手段
 ↓
成功の確率が上がる
 ↓
人に喜ばれる
 ↓
結果的に使命だった

という前提のフローが成り立つんじゃないかということで、あまり難しく考えず、美味しいとこ使っちゃえ!というのが正直な意見でございます^^

◆◇◆ 結びのコメント ◆◇◆

今回は、D=ディスティニーナンバーのご紹介と、私・オネコフが最初に感じた印象を記事にしました。

潜在数秘術®︎以外の数秘術の本から取り入れた表現もありますので、もし良かったら勉強中の方も参考にしてみてください^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。