Verbalize《言語化》

Verbalize


個々の世界観を再現する


『目には映らなくても確実にあるもの』を
可能な限り言葉にします。

《言語化》への考え方

この《言語化》パートでは、根幹にある価値観を見出したり、抽象的な感覚を言葉にすることで、自分のコアな部分を認識して現実世界に反映させることが目的です。

願望や理想・憧れの生活を書き出して計画・実行したり、可視化することで自分や人生の中で優先順位をつけて、体現していくことを主軸にしています。

また、自分にとっての幸せは何なのか?自分が大切にしていきたいことは何なのか?を明確にしながら、人生のフェーズ毎に起こる変化にもその都度対応できる内省術は、人生の羅針盤の様な役割を果たしてくれます。

良質な問いかけを繰り返し行うことで、ゴールまでの解像度を上げ、人生の満足度を上げることを目指します。

《言語化》の概要

・ Concept ・

目に見えない感情や気掛かりであるものを言葉という形にして思考を整理し、
余計なエネルギーがもれるのを防ぐ。

自分の内面にある心情を書き出すことで、
方向性を定めたり不安を小さくし、明瞭で具体的な目標に進むことができる。

教養方針のポイント

抽象的な概念を《言語化》していく中で、大切にしているキーフレーズがあります。

Values

(価値観)

  • 価値観の優先順位を認識する

自分にとって大切なことを意識して、実現していくために行動に移すのが重要です。

View

(展望)

  • 人生で体現したい景色をつくる

どんな人生を送りたいかを想像することは、満足度の高い毎日につながります。

Vector

(方向性)

  • 方向性を見定める

曖昧な可能性を排除することは、自分の人生に集中する上で思いの外効果があります。

Vocabulary

(語彙力)

  • 言葉によって自覚する

語学的な意味で語彙力を上げるというよりは、言葉で認識することの大切さを知ります。

得られるメリット

* 自分の内面や環境に注視し、定期的に自己対話をする

* 自分の基準をもつことで、ブレたり外れたりした時にすぐ気づける

* 今の状況を落ち着いて観察することができ、次の案を模索できる

* 適正なリスクとありもしない可能性の違いがわかり、混乱せずに済む

* 自分にとっての優先順位が明確になることで、心に余裕が生まれる

Contents

Coming soon…